引越しでしておいた方がよいことの一つに、挨拶があります。新しくその地域の住民になるため、ご近所さんへの挨拶はとても大事です。

ここでは「引っ越し 挨拶」に関する素朴な疑問をまとめてみました。

 

【 どこまで? 】

さて、ご近所さんと言いますが、どれくらいの範囲まで挨拶するべきなんでしょうか? 昔から「向こう3軒両隣」という言葉があります。お向かいさんの方向に3軒、そして両隣り。もし新居の裏にも家があった場合、そこにもしておいた方がよいと思います。

一軒家の場合、住宅がきちっと並んでいれば分かりやすいですが、道の状況などで「ここに挨拶すべきだろうか?」と迷うケースも多々あると思いますが、迷ったら挨拶はとりあえずしておいた方が良いと思います。

後々のことを考えたら、しないよりはしておいた方が無難だと思います。 集合住宅なら、両隣りと真下と真上、管理人さんがいれば管理人さんにも挨拶をしておいた方がよいかもしれません。

 

【 いつ? 】

可能であれば、引越し当日が良いと思います。「お隣さん、引っ越してきたみたいだけど挨拶がないなあ」と思われるより、「引っ越し当日で忙しいだろうに、ちゃんと挨拶に来てくれた」と思われた方が印象が良いのは当然ですよね。

やむを得ない場合でも、遅くとも1週間以内に済ませるべきだと思います。

 

【 時間帯は? 】

10時~17時が目安だと思います。朝や夜は相手方も忙しかったりするので、この時間帯が無難だと思います。 13時~16時が目安だと思います。朝や夜は相手方も忙しいし、お昼ご飯の時間帯も避けたい。となるとこの時間帯が無難だと思います。

 

【 手紙 】

挨拶に伺っても、相手が仕事に行っていて不在ということも多いと思います。 きちっと対面して挨拶をしたいと思い会えるまで毎日行くのか、不在時に手紙を入れるのかは判断が難しいところです。

どうしても対面で挨拶したいと思っても、1回目の訪問で不在なら、手紙を入れておいたほうがよいと思います。「挨拶にはお伺いした」という痕跡を残すことにもなりますからね。

手紙と言っても仰々しいものではなく、簡単な挨拶文程度でよいと思います。 文例としては、「○○号室に引っ越してまいりました○○と申します。ご挨拶にお伺いさせていただいたのですが、ご不在でしたのでお手紙にて失礼いたします。」といった感じの書き始めがよいと思います。

その後の文章として、子供がいる場合は、「子供がおりまして、騒がしいこともあるかと思います。こちらでもご迷惑にはならないよう気を付けさせていただきますが、何かありましたらご連絡をお願いいたします。これからよろしくお願いいたします。」という感じで。

ペットを飼っていて迷惑をかける可能性がある場合は正直に「当方では犬を飼っており、その関係で少々気になることもあるかもしれません。近隣への迷惑はかからないよう配慮致しますが、もし何かあるようでしたらすぐお話していただけると幸いです。」といった内容を入れるとよいと思います。

そして挨拶文の締めとして、 「ご挨拶の品としてタオルを一緒にお贈り致しますので、お使いいただけたら幸いです。これからどうぞよろしくお願いいたします。」と、挨拶文と一緒にお渡しする品物を書き添える。こんな文章の流れでよいと思います。

 

【 品物 】

末永いお付き合いになるのだから、豪華なものをとは思わなくてよいです。あまりに高価なものだと、逆に相手に気を使わせてしまいます。あくまで粗品の範囲で。500円~1000円程度のものでよいと思います。 お菓子屋やタオルセット、洗剤セットなど、あって困らないものが無難でしょう。

 

【 お菓子 】

品物でお菓子を選ぶ場合、好みがあるので難しいところです。挨拶先の家族構成やだいたいの年齢が分かっていれば、それにふさわしいもの、そうでなければクッキーなどの焼き菓子や缶詰など、賞味期限が長めのものが無難でしょう。

あと、私個人の意見としては冷蔵や冷凍で保存しないといけないものは、もらっても困る場合が多いと思います。なぜなら冷蔵庫に入れるスペースの余裕がないから。もらう人のことを考えると常温保存のものがよいと思います。

 

 

管理人はこんな人

引越し.png

「引越し魔しん」と申します。

転勤族というわけではないですが、今までに6回の引越しを経験しました。

引越しについて、ちょっと見つけた良いサイトや、便利な情報を発信していければと思います。

 

リンクリックブログランキング

ブログ王ランキングに参加中!

人気ブログランキング ブログズーム

© 2019 引越し rss